==蒟蒻==

==蒟蒻==
仕事帰りにいつものコンビニで、牛乳パック2本を手にレジ待ちしているその時、レジの横でゆらゆら湯気が手招きしてます。手には冷たい牛乳パック、すぐ目の前にはあったかーい、『おでん』。おでんの季節になりました。大根・卵・餠きんちゃく・蒟蒻・ちくわ芙・厚揚げ豆腐・結びこんぶなど、練芥子をちょっとつけて、はふはふと熱々をいただくのが、冬のお楽しみ。その中でもお気に入りは『蒟蒻』。だしのよーくしみ込んだ蒟蒻に、ツーンと芥子を付けて・・
いっただきまーす!
こんにゃくは、サトイモ科の多年生植物であり、原産地はインドシナ半島と言われております。日本へは縄文時代に渡来したとの説があります。
コンニャク芋をまず切り干しに加工し、これを製粉加工します。これが、こんにゃくの原料となります。
これに水を加え、よく練ってからカルシウムを加えて混ぜ合わせて、整形箱に入れてかため、熱湯でアクを抜きます。カルシウムを十分に含み、こんにゃくのカルシウムは酸にとけやすく、そのために胃の中で容易にとけて吸収されます。
このカルシウムがアルカリ性のだから、こんにゃくはアルカリ性食品なんです。
こんにゃくは食物繊維が大変多く含まれており、その効果は、腸の動きを活発にして体内の有毒なものの排出を促す効果があります。便秘にも効果的で、血糖値、コレステロール値を下げる効果もありますので、糖尿病の予防と治療にも効果があります。
鎌倉時代には仏様の供物にしたそうで、室町時代には高級食品として間食に食べられたようで、寺院から武家や公家へのお歳暮用にも使われたそうです。庶民の食卓に出始めたのは江戸時代からだそうです。

==276 蒟蒻と椎茸のピリ唐煮==

==276 蒟蒻と椎茸のピリ唐煮==
材料
蒟蒻2枚・干し椎茸2枚・きくらげ10枚・しょうが1片・長葱15cm・豆板醤小匙2・だし汁カップ1と1/3・酒・醤油各大匙2・砂糖大匙1・片栗粉小匙1・胡麻油大匙3
作り方
1.1cmの厚さに切ってから、手綱切りにします。
2.胡麻油をフライパンに熱して、蒟蒻と薄切りにしたしょうがと千切りにした長葱を炒めます。
3.水で戻した干し椎茸を食べ易い大きさにしたものと、同じく水で戻したきくらげをそこに加えて炒め、豆板醤とだし汁・酒・醤油・砂糖を加えて20分位煮ます。
そこに水溶き片栗粉を加えてとろみを付けます。

==重箱===

==重箱===
お正月。皆さんのお宅の食卓には、『おせち料理』が並べられるのでしょうか。
最近では重箱をつかわずに大皿にきれいに並べる御家庭も増えてきているようですね。
##性能解説###
材質・・・天然木や合成樹脂
サイズ・・16cm×16cm深さ5cm位で一段から三段位まで
用途・・・おせち料理やお弁当用に
価格・・・900円位から数万円位といろいろ

==鉄製いろり鍋===

==鉄製いろり鍋===
鉄分補給の意味から鉄瓶でお湯をわかす人がいます。当店にもそうしたお客さんがいらっしゃいます。でも鉄瓶以外に鉄鍋という手もありますよ。
##性能解説###
材質・・・鉄
サイズ・・直径15cm位から
用途・・・煮炊き全般
価格・・・1500円位から

==ごぼうと干し椎茸の卵とじ==

==ごぼうと干し椎茸の卵とじ==
材料
ごぼう1/2本・人參1/4本・卵2個・干し椎茸3個・さやえんどう8枚・サラダ油大匙1と1/2・だし汁カップ1・砂糖大匙2・塩小1/3・醤油小匙2
作り方
1.ごぼうをささがきにして酢水につけておきます。人參は短冊切りにしておきます。
2.卵をボールに割り、軽く溶いておきます。
3.干し椎茸は湯で戻して、薄く切り、さやえんどうの筋はとっておきます。
4.鍋にサラダ油を熱して、水気を切ったごぼうを炒めて、そこに人參・椎茸・だし汁を入れて、砂糖と塩を加えて、5分位煮立てます。その後、さやえんどうと醤油を入れて3分位煮ます。
5.溶き卵をまわし入れて蓋をして、火を止め半熟にしあげ、器に盛り付けます。